おけいこ代を先生にお渡しするときのマナー♡<Vol.15>

おけいこへ行くと、生活が豊かになります。日本おけいこ協会会長、おけいこ二ストの直島美佳です。

おけいこ代は、振込よりも「直接先生に手渡し」の教室が多いです。

先生おひとりでされている教室が多いので、振込確認が大変だからかもしれませんね。

そうなると、おけいこ代を先生に手渡すときのマナーが気になりますね。

どんな封筒に入れたらいいの?

新札がいいの?

わたしが50年おけいこへ通って思ってること。

それは、マナーをあまり気にしなくてもいいということです^^

もちろん、綺麗な封筒に入れて、新札でお渡しするのが素敵です。

ですが、おけいこの先生は、どちらでもいいと思っているような気がするのです。

マナーよりも、レッスンに来てもらえることが嬉しい。

わたしはおけいこの先生ではないのですが、おけいこの先生とお話することが多いんです。

実は過去、「おけいこ代を先生に手渡すときのマナー」について、お話させて先生がひとりもいないのです。

それはつまり、先生は気にしていない、、、ということだと思っております。

多くの先生が言われることはいつも決まっています。

「来てもらえて嬉しい!」

くちゃくちゃのお札は論外かもしれませんが、あまりマナーにこだわらなくてもいいのではないでしょうか。

お札を裸のまま渡されるかたは半数以上いらっしゃいます。

もし、お札を裸で渡されることに抵抗があるなら、綺麗な封筒に新札を入れるといいと思います。

*わたしが通ったおけいこの話です。全員が綺麗な封筒に新札なら、ほかの生徒さんたちに合わせてみらえるといいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP