おけいこの先生がおけいこへ行くときのルール♡<Vol.14>

おけいこへ行くと、生活が豊かになります。日本おけいこ協会会長、おけいこ二ストの直島美佳です。

おけいこの先生からのご相談もいただきます。

おけいこの先生はご自身もおけいこが好きなので、ほかのおけいこへ行きたいんですよね。

でも、同業者だからこその遠慮があり「わたしが行ってもいいのかなぁ」と思われることが多いのです。

そのときのルールについてお話しますね^^

お問い合わせするときに「どこそこで◯◯教室をしています。」ということを伝えておくということです。そして、どうして行きたいのかの理由を書き添えるとベストです。

たとえば、「勉強させていただきたい」「楽しそうなので行ってみたい」など、丁寧にお伝えしてくださいね。

おけいこの先生の中には、同業者さんがご自分の教室にいらっしゃることを
まったく気にしない先生と少し気にする先生がいらっしゃいます。

中には「同業者お断り」の先生もいらっしゃいます。

これは先生のお考えだから、どちらが正しいとか正しくないということではありません。

最初に同業者だと伝えずに、「同業者お断り」のおけいこへ行ってしまうと、トラブルになりかねません。

一番最初のメールで、忘れずにお伝えしましょう。

生徒の立場からお話しますと、同業者の先生がいらっしゃってる教室は素敵な教室ばかりです。そりゃそうですよね、同業者さんが憧れている教室なのですから^^

「同業者の先生が来ているかどうか」は、素敵な教室かどうかのポイントのひとつでもあるのです。

とはいえ繰り返しになりますが、「同業者お断り」だとしても問題ありません^^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP