ピンクの花を持つ女性

自分の意見を持とう

最近のわたしは、しっかり地に足がついてる実感があります。

 

最近は、、、です。

 

ちょっと前までは、毎日なんとか楽しく過ごしてるし、大きな不満は持ってなかったのですが(小さい悩みは常にいっぱい~涙)いつもなんだか、雲の上を歩いているような、ふわふわした感覚がありました。

 

生きている実感がないというほど大げさなことでもないのですが、なんだか自分が中途半端な人間に思える毎日。

 

それが最近は、「生きてる」実感がすごくあります。

 

それはきっと、自分の意見を正直に書いているし、話しているから。

 

自分の意見に、正しいとか正しくないとか、ないと思いませんか?

 

「ただただ、そう思った!」

 

それだけなんです。

 

それだけでいいんじゃないかと思ってます。

 

自分の意見を持つことが、生きているということなのかなぁってちょっとかっこつけた言い方ですが(汗)そう思うんですよね。

 

とはいっても、人前で言うのはとっても勇気がいります。

 

反対意見のひとが、攻撃してくることもありますからね^^;

 

だから、こころの中で、自分の正直な意見を持つ。

 

ブログに書かなくってもいい。

 

SNSで発信しなくってもいい。

 

誰も見えないこころの中でいいから、しっかりと自分の意見を持つ。

 

「このひとはこんな風に書いているけど、わたしはこんな風に思うなぁ。」

 

「このひとはこんな風にしてるけど、わたしだったらこうするなぁ。」

 

それだけで、ほんとに生きてる実感が湧いてきて自分がよくわかるようになります。

 

ひとの意見に「わたしもそう思う~」とか「いいねー!」ばっかり言ってたら、なんだかふわふわしてきませんか?(あんまりよくない意味で、、)

 

51歳が、なんだかお説教くさいことを書いてますが、「こころの中で自分の意見を持つ」よかったら試してみてください^^

The following two tabs change content below.

直島 美佳

一般社団法人日本おけいこ協会代表。令和時代の必須スキルとして、「好きなことを見つけるトレーニング(好きトレ)」を通して、女性が『好き』を見つけやすい環境を作る活動をしています。

最新記事 by 直島 美佳 (全て見る)

関連記事

  1. 飛ぶ女の子
  2. 四つ葉のクローバー
  3. 青空と車
  4. フラワーキャンドル
  5. 裸足の女の子
  6. ベッドサイドでティータイム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP